« 新橋の周辺で夕方以降になったとき | トップページ | 江戸・明治・大正・昭和の面影が残る品川界隈 »

2015年2月21日 (土)

目黒のファニーチャーストリート

おしゃれなインテリアショップが建ち並ぶ、目黒のファーニチャーストリートを御紹介致します。JR西口から徒歩18分の場所にある『pour annick』は、ヨーロッパの北欧やアジアから取り寄せた女性の興味を仰ぐ家具を揃えています。10万6700円のカイ.クリスチャンセンのペーパーナイフソファ、ポーランド製の2100円のカップや4200円のポットなどを取り揃えています。1階にオリジナル作品を展示してある『MEISTER』は、ヨーロッパのヴィンテージ作品を取扱うと同時に、日本の巨匠達の作品も販売しています。基八工房とのコラボ商品は、6090円のクラム.シェル.プレートです。自然な味を出している古民家の『la.epice目黒店』は、生活雑貨を販売しているお店です。オフィスで使用する、様々な印鑑などを336円から販売しています。イギリスを中心に欧州家具を販売している『chambre de nimes BROCANTE 目黒店』は、当時の雰囲気を大事にしたアンティーク家具を取り扱っています。味わい深いペイントのチェアーは、1万8900円で販売しています。アメリカのヴィンテージ作品を販売している『ACME furniture 目黒店』は、女性が好むナチュラル系の作品から、男性が好むハードなデザインの家具まで取り揃えています。鉄と木の組み合わせで完成されたチェアーは、3万6750円で販売されています

« 新橋の周辺で夕方以降になったとき | トップページ | 江戸・明治・大正・昭和の面影が残る品川界隈 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 目黒のファニーチャーストリート:

« 新橋の周辺で夕方以降になったとき | トップページ | 江戸・明治・大正・昭和の面影が残る品川界隈 »

無料ブログはココログ