2015年3月14日 (土)

江戸・明治・大正・昭和の面影が残る品川界隈

JRが国鉄と言われた時代に、品川駅を開業したのは、明治5年5月7日です。駅名は、品川ですが、所在地は港区です。プリンスホテルのある高輪口は、江戸時代の藩屋敷が多くありました。その後、貴族や華族の屋敷に変わりました。今でも、幾つかの屋敷が残っています。
それに反して、港南口(東口)は埋立地に建つ倉庫街でした。倉庫街で人気も少ないので、爆発的に増加する「東京市」の食料を確保するために、東京市営芝浦屠場が開場しました。現在は、東京都中央卸売市場食肉市場となり、食肉加工が行われています。ターミナル駅のすぐ近くに食肉加工工場があるのは、世界でも品川だけです。ちなみに、品川駅からバスで10分のほどの距離にある太井競馬場で競走馬が事故に遭い、殺処分するときは、ここで行われ馬肉業者に売り渡されます。
港南口(東口)は、新幹線の乗り入れとともに大きく変貌し、インターシティJやグランドコモンズの巨大ビジネス街へ生まれ変わりました。ところが、その近代的なビル群の裏手(海側)には、開発から取り残された路地があり、昭和の色を残した居酒屋があります。薄暗い路地に、派手でチープなネオンと赤提灯・縄のれんを見ることができます。
港南口の倉庫街は、20年ほど前からマンションやオフィスビルに変わり、近未来の都市の様相があります。一方、港南口前の路地の居酒屋のように、Deepな側面を持つ魅力のある街が品川です

2015年2月21日 (土)

目黒のファニーチャーストリート

おしゃれなインテリアショップが建ち並ぶ、目黒のファーニチャーストリートを御紹介致します。JR西口から徒歩18分の場所にある『pour annick』は、ヨーロッパの北欧やアジアから取り寄せた女性の興味を仰ぐ家具を揃えています。10万6700円のカイ.クリスチャンセンのペーパーナイフソファ、ポーランド製の2100円のカップや4200円のポットなどを取り揃えています。1階にオリジナル作品を展示してある『MEISTER』は、ヨーロッパのヴィンテージ作品を取扱うと同時に、日本の巨匠達の作品も販売しています。基八工房とのコラボ商品は、6090円のクラム.シェル.プレートです。自然な味を出している古民家の『la.epice目黒店』は、生活雑貨を販売しているお店です。オフィスで使用する、様々な印鑑などを336円から販売しています。イギリスを中心に欧州家具を販売している『chambre de nimes BROCANTE 目黒店』は、当時の雰囲気を大事にしたアンティーク家具を取り扱っています。味わい深いペイントのチェアーは、1万8900円で販売しています。アメリカのヴィンテージ作品を販売している『ACME furniture 目黒店』は、女性が好むナチュラル系の作品から、男性が好むハードなデザインの家具まで取り揃えています。鉄と木の組み合わせで完成されたチェアーは、3万6750円で販売されています

2014年6月22日 (日)

新橋の周辺で夕方以降になったとき

新橋はサラリーマンが多いところです。とくに夕方以降になると、ぞろぞろと40代、50代ぐらいのサラリーマンがわんさか街にあふれています。(17:30頃の定時に退社できてうらやましい勤務時間かもしれませんねー。何の仕事をしているんだろうか。)

夕方以降にはとくにお店の客引きの人がビラを配ったりしています。とくに、飲食関連が多そうです。周辺には飲食店がたくさんあり、路面、ビルの中とショップが連なっています。よりどりみどりのようにたくさんあります。ビルの中は比較的空いていて暇かもしれません。路面店の居酒屋には、サラリーマンの40代50代がビールやおつまみで談合している場面が多いです。

駅傍には宝くじ売り場があり、5人6人ぐらいの列ができています。その場で削って一攫千金のくじをやっていたり、ときには全国くじなど1億円ぐらい当たるくじをやっていることもあるでしょう。

夕方以降のJR新橋駅構内は人ごみで混雑した状態です。電車も満員電車に近い状態になります。

新橋はこのような感じで夕方以降はとくに人で混雑して、街中に人がわんさかいます。しばらくはずっとわんさかした状態になっています。遅くなってきたらおさまるでしょうが、17時過ぎから、20時過ぎ頃はピークになるでしょう。

2014年6月21日 (土)

いろんな面を持つ飯田橋

飯田橋はどんな街かと聞かれれば、やはり「オフィス街」の面が一番強いと答えます。JR飯田橋駅を出ると、大きなビルが目の前に広がります。平日は、街は急ぎ足のサラリーマンであふれます。
歩いて数分のところに、トヨタ自動車の東京本社の大ビルがあります。JR総武線と地下鉄4線が通っており、交通の便は極めて良いです。
大手町や西新宿のように超高層ビルばかりというわけではありませんが、それに準じる大オフィス街。イメージとしては「新橋」にかなり近いかも知れません。
しかし飯田橋が新橋と違うところは、住宅街、それから昔ながらの商店街とも近い点です。飯田橋駅の南側は企業とサラリーマン向けの飲食店ばかりですが、北側に入ると住宅と企業が半々ぐらいに。一戸建てもまだまだあります。
駅の東側は、観光地としても名高い神楽坂です。駅を出て道路を渡れば、もう神楽坂商店街。実際、神楽坂に行くためには東西線の神楽坂駅よりも、飯田橋駅の方が近いのです。路地を入れば風情のある石畳が敷き詰められ、格式のある和風料亭が多くあります。最近はフランス料理の名店が増えてきたことも、この街の特徴です。
大オフィス街でありながらすぐ近くに住宅もあり、伝統のある商店街もある。飯田橋は、さまざまな面を持った魅力的な街と言えるでしょう。

無料ブログはココログ